生命保険 種類

生命保険の種類って?

生命保険と言うといろいろな種類がありそうで、よくわからないと思う人がいるかもしれませんが、基本的な種類は3種類しかありません。

死亡保障

老後、貯蓄保障

医療保障

まず死亡保障ですが、被保険者が死亡したり高度障害になった場合に支払われる保障です。

 

その中でもある一定の保険期間を設けている定期保険や、一生涯の保障が付いていて貯蓄機能も備えている終身保険などがあります。

 

次に老後、貯蓄保障ですが、主に貯蓄をメインとする保険で、老後の年金としての役割を持つ個人年金保険があります。

 

保険期間内に死亡したら死亡保険金がもらえ死亡せずに満期を迎えたら満期保険金が受け取れる養老保険というのもあります。

 

またこどもの教育費の積み立てをメインとした学資保険などがあります。

 

そして医療保障ですが、ガンによって入院したり治療したら給付金がもらえるガン保険や、病気やけが等で入院したり治療したら給付金がもらえる医療保険があります。

 

さらには事故などでけがをしたり死亡した場合に保険金が給付される傷害保険などがあります。

生命保険の特約とは、契約する保障にオプションとして付加させることによってより保障内容を手厚くさせることを目的としたものです。

 

その特約の種類もさまざまあり、それぞれに合った特約を付加させることによりニーズに合わせた保障内容を実現することができます。

 

その特約には主に3種類あります。

  • 死亡保障を手厚くする特約
  • 病気、入院、通院、怪我、手術などに手厚い特約
  • 不慮の事故等で死亡した場合に備える特約

死亡保障を手厚くする特約には、被保険者が死亡した場合被保険者が定めた家族が保険金を受け取れ、家族を保障するという家族定期保険特約があります。

 

被保険者が死亡したあと、保険金を年金として受け取れる収入保障特約があります。

 

またガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病になったとき、死亡保険金と同額の保険金を受け取れる三大疾病保障特約などがあります。

 

病気、入院、通院、怪我、手術などに手厚い特約には、病気で入院したり手術をした際に保険金を受け取ることができる疾病入院特約があります。

 

またガンや心疾患などの成人病で入院した際に受け取れる成人病入院特約や女性特有の病気などで入院した際に受け取れる女性疾病入院特約などがあります。

 

不慮の事故等で死亡した場合に備える特約には、不慮の事故や特定感染症などで死亡した場合、死亡保険金に加え災害死亡保険金が受け取れる災害割増特約などがあります。

生命保険会社が自動車保険も同時に取り扱っているところは少なくありません。

 

では生命保険と自動車保険を同じ会社に統一する場合のメリットとデメリットを考えましょう。

 

メリットとしては2つ挙げられます。

  • 一括契約すれば割引サービスが受けられる
  • 車の事故や病気などで入院した場合、窓口が同じ

まず割引サービスですがさまざまな特約などがありますが、生命保険と自動車保険を一括で契約すれば割引が受けられるというものです。

 

また万が一車の事故や入院などした場合、自分を担当してくれる人は一緒なので、自分であちこち保険会社に問い合わせたりしなくてすみます。

 

一方デメリットですが、1つだけあります。

 

自分の保険を担当している人が損保などの知識に乏しい場合です。

 

生命保険が扱う自動車保険の場合、だいたい同じ人が担当になります。

 

その人が損保などの知識が無いと結局自分で損保会社などに直接聞かなくてはなりません。

 

自分を担当する人にもよるのですが、きちんと知識がある人が担当であってほしいものです。

急に多額のお金が必要になった時、生命保険を担保にしてお金を借りることができます。
これを契約者貸付制度といいます。

 

この契約者貸付制度とは、生命保険会社が被保険者に一時的に必要なお金を貸してくれる制度のことをいいます。

 

保険会社の規定の条件に当てはまっていれば、保険に加入している契約者名義で借りたいときに借りることができます。

 

借りることのできる可能な金額は、通常だと解約返戻金のおおよそ50%〜90%程度となっていますが、生命保険会社や加入している保険の種類によって多少違いがあります。そしてお金を借りるという事は当然利息が発生します。

 

契約者貸付制度を利用してお金を借りる場合、通常は加入している保険の予定利率に1%〜2%を上乗せして、利息を決めるようです。

 

また返済時期ですが、基本的には返済時期も金額も決まっておらず、返済できるときに返済すれば大丈夫です。
ですが、あまり長期的に借りているとその分の利息がかかるので、一時的に借りるというのが望ましいです。

生命保険に加入している人は多いとは思いますが、実際生命保険会社というのはどのような仕組みで成り立っているのでしょうか?。

 

生命保険についての基礎、特に選び方については 生命保険 選び方 のサイトに詳しく書かれています。

 

ここでは概略を説明しますね。まず生命保険に入りたい人が、その保険会社の保障内容などで主契約および場合によっては特約を付けるなどして、契約し保険料を支払います。

 

生命保険会社はその契約者たちから集めた保険料を元手に、株式や債権、不動産に運用投資をして利益を出します。

 

その得た利益で会社を経営し、なおかつ保険の契約者で必要な人に給付金や保険金を支払います。

 

そもそも生命保険というのは、万が一の時に備えて残された人たちが困らないために給付金や保険金を受け取ることができるというものです。

 

その生命保険に加入している人が少なければ少ないほど、保険金や給付金を支払う元手も少なくなり、生命保険としての本来の役割が失われてしまいます。

 

ですので、保険会社はできるだけ多くの人に生命保険に加入してもらい、集まったお金をうまく運用し、契約者に還元できるようにしているのです。

信頼できる保険会社を選ぶポイントは3つあります。

・事前に予備知識を頭に入れておく
・担当者が信頼できる人であること
・インターネット等での口コミ

変な保険に加入させられるのを防ぐという意味でも、生命保険に関する予備知識を持つことが重要です。

 

ここでいう予備知識とは、自分がどのような目的で生命保険に加入しようとしているのかをはっきりと明確にするという事です。

 

誰のために加入するのか、どれくらいの保障があればいいのかなど、明確に決めておけば、セールスマンからの勧誘などにも即座に対応できます。

 

そして信頼できる担当者に出会うことです。

 

こちら側の希望を何も言っていないのに、いろいろ内容を勧めてくる営業マンをよく見ますが、そういう場合はたいてい会社の利益優先で営業している人です。

 

こちら側のニーズに対して、理解し的確に案件を出してくれる営業マンは信頼できると思います。

 

またインターネットなどの口コミも、信頼できる生命保険会社を選ぶのに参考になると思います。

現在では、いろいろな種類の保険が販売されています。
その中には、少数派かもしれませんが、払済保険という保険があります。
保険について関心のある人でも、払済保険という言葉にはなじみがないという人も、多いかもしれません。
払済保険というのは、商品名ではなく、今からはいる保険のことを言うのではありません。

 

保険というのは一般的に、契約をすると、契約期間中は、月々など保険料を支払っていくことになります。
ですから、もしも終身保険に加入をする場合には、原則としては、一生涯、保険料を支払っていかないといけないということになります。
しかし老後、定年をしてから、保険料を支払うことは、年金生活者にとっては、負担以外の何ものでもありません。

 

そこで払済保険が登場をします。
払済保険とは、契約をする期間はそのまま変わりません。
しかしあらかじめまとまったお金を最初のうちに支払ってしまって、一定の期間で、保険料の支払い義務がなくなるような保険のことを言います。
支払いを済ませているから、払済保険というわけです。
払済保険にしておけば、たとえば、終身保険に加入していても、一生涯、保険料を支払う必要はなくなります。
しかしそれでいて、きちんと保障を受けることはできるわけです。

 

現行のあなたの加入している保険の条件を、払済保険に変更することができるかもしれません。
しかし払済保険にした場合、保険料を支払い期間が終了をしてしまうと、もしかすると受け取ることができる保険金の額が低くなってしまうかもしれません。
また、もし保険に何らかの特約をつけている場合には、この特約については、消滅をする可能性もあります。
払済保険にする場合には、きちんと保険会社の担当の人に相談をすべきです。

 

もしよくわからない場合は、今は保険の無料相談という便利な窓口があるので相談されるとよいです。

 

こちらで紹介されている無料相談窓口は相談対応してくれるFPさんが優秀と評判らしいですよ。

 

>> 生命保険の無料相談 結局どこがオススメ?

数ある生命保険の中から自分に合った保険をどうやって選べばいいのか悩んでしまう人も多いと思いますが、ポイントは3つありま

  • 誰のために加入するのか
  • どのリスクを重要視するか
  • 掛け金

まず誰のために加入するのかを考えます。

 

自分に万が一何かあった時のために、自分が独身であれば保障内容や金額が小さいものを選ぶといいと思います。

 

既婚で子供がいる場合であれば、後に残すお金や保証は大きいほうがいいかもしれません。

 

次にどのようなリスクを重要視するかを考えます。

 

一生涯保障してくれる終身タイプのものもあれば一定期間の定期タイプもあり種類はさまざまあります。

 

また子供のために貯蓄性の高い保険などもありますので、ライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

 

そして掛け金ですが、自分が選んだ保障内容と払込期間、金額が適正かどうかをよく考えましょう。

 

掛ける保険料が払えないなど、自分に合っていない保険に入るのは無意味ですので慎重に考えましょう。

生命保険料控除とは、契約者が保険料を支払った際にある一定額が契約者のその年の所得分から差し引かれるというものです。

 

この生命保険料控除を受けるには、年末調整や確定申告の時に申告書に記入し、保険料の支払いを証明する証明書を添付し提出します。

 

この証明書は保険会社などから郵送で送られてきます。

 

そしてこの生命保険料控除の対象となるとなるのは2種類あります。

  • 一般の生命保険料控除
  • 個人年金保険料控除

一般の生命保険控除の場合、保険金の受取人が本人、配偶者、6親等以内の血族、3親等以内の婚族である場合の生命保険料が控除されます。

 

同居の有無は関係ありません。

 

また個人年金保険料控除ですが、「個人年金保険料税制適格特約」を付加している場合のみ保険料が控除されます。

 

この個人年金保険料税制適格特約を付加するにはいくつかの条件があります。

  • 年金受取人が保険料を支払う人およびその配偶者である
  • 年金受取人が確定年金または有期年金、終身年金のいずれかに加入しており10年以上保険料を支払う

上記の用件を満たしていれば特約を付けることができます。

個人事業から会社を設立した場合、生命保険で節税をすることができます。

 

そして具体的に下記のことをすることによって、その節税効果は大きくなります。

  • 支払った生命保険料を会社の経費として計上する
  • 解約時の返戻金を退職金の支給にあて有効に利用する

以上の2つです。

 

まず支払った生命保険料を会社の経費として計上するというものですが、例えば月の収入が120万円の社長がいるとします。

 

そして月に10万円の保険料を支払うものとして、月の収入を110万円に下げます。

 

そうすることにより月々の経費は変わらないので当然法人税も変わりません。

 

しかし所得は減ることになるので所得税も減ります。

 

ここで節税効果が生まれます。

 

また解約時の返戻金を退職金の支給にあてるということですが、定年や勇退の時期がある程度見込みを立てます。

 

その時期に合わせて生命保険の解約時の返戻金が高い保険に加入すれば、大きな節税になります。

 

特に会社役員や取締役レベルになると、金額も大きいので節税効果が期待できます。

生命保険面接士とは、生命保険の加入、契約の際に被保険者の顔色や様子を見て健康状態をチェックし、告知書の記載事項をチェックする人のことです。

 

生命保険面接士は医療関係者ではないので、被保険者の体をチェックするといっても体は触りません。

 

被保険者の顔色や表情などを客観的に見て健康かどうかを判断します。

 

そして告知書に似た書類に告知書の内容と同じような内容を被保険者に記入してもらい、会社に提出します。

 

生命保険面接士になるには、生命保険協会が実施している資格試験を受け、これに合格しなければなることはできません。

 

資格試験は生命保険業界共通の試験であり、合格すると生命保険面接士として認定されます。

 

求人はそれぞれの生命保険会社が随時募集していることが多く、正社員として募集しているところもあれば、パートやアルバイトで募集しているところもありさまざまです。

 

アルバイトやパートの雇用形態になると、1契約の単位で報酬が決まり、正社員のように時間に縛られることはあまりありません。

 

面接の予定が入ったら仕事にいくという流れになるので、主婦の人に人気があるようです。